• 楽器を棄てるということ。

    IMG_1216

    先日ギターアンプをいただきました。トレーニングアンプのカテゴリーですが、プリ、メイン共に真空管アンプでわりとこのサイズとしては高価なもののようです。

    使えなくなってそのままになっていたようで、もういらないとのことでした。素人目にみてもまだ新しく音がでないのは真空管がへたったためというのは明らかでした。

    楽器や機材を棄てるという場合、2パターンがあると思います。ひとつはほんとにこわれてしまって修復不可能になってしまった。もうひとつは『音楽を捨てた』というパターン。捨てる理由はいろいろ事情があると思います。楽器があると未練が残るのでいっそのこと棄ててしまおうという気持ちはわかります。

    でも、やっぱり一度音楽にたずさわった人間としては楽器や機材はべつのひとに受け継いでもらうよう敬意をはらうことが必要かなと思います。

    通販で真空管を購入して無事に音が出ました。みかけよりも元気な音がします。